オービーシー 協同組合は、組合員と世界中の人と架け橋を使命とする組合です。

技能実習制度とは

  • HOME »
  • 技能実習制度とは

外国人技能実習生制度とは

外国人技能実習制度は、日本の企業が発展途上国の若者を技能実習生として受入れ、実務を通じて技能や技術を修得し、帰国後に母国の経済発展に寄与してもらう制度です。
一般的に受入れ可能職種に該当する企業様は、当組合のような監理団体を通じて技能実習生を受入れる事が出来ます。受入れした実習生とは、雇用関係を結び、基本的には3年間の技能実習に入ります。
当組合では、特に教養レベルや勤労意欲の高い技能実習生の紹介を続けており、すでに数多くの実績を有しています。

団体監理型の受入れ体制

TAISEI

技能実習期間

KANRI-KIKAN

技能実習生の導入メリット

MERITTO

  1. 向上意欲の高い若い技能実習生による社内の活性化。
  2. 社内の活性化による生産性の向上。
  3. 雇用の安定化。
  4. 海外進出の基盤。

外国人技能実習生の受入れ人数枠

実習実施機関の常勤職員総数 技能実習生の人数
301人以上 常勤職員総数の20分の1
201人以上 300人以下 15人
101人以上 200人以下 10人
51人以上 100人以下  6人
50人以下  3人

注1)技能実習生1号の人数が、常勤職員の総数を超えないこと。
注2)常勤職員に技能実習生の人数は含まれない。
注3)船上漁業の場合、技能実習生1号及び2号の人数が、各漁船の乗組員の人数を超えないこと。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6110-8640

PAGETOP
Copyright © オービーシー共同組合 O.B.C Cooperative All Rights Reserved.